忘れないうちに書いておこう

タイトル通りの内容。

人生やら世の中やらをなめきった作風

 毎週楽しみにしている『神様になった日』とかはどうなのだろうと思った。ギャグアニメということではないと思うので、この作品にそんな作風を求めてはいけないか。

 でも、錯乱坊がでてきて「さだめじゃ」とかいうと笑っちゃう。あれは人生だとか、世の中だとかをなめきっているなと。全方位に喧嘩を売っているわけではないだろうけれど、およそ価値のありそうなことに対するなめ腐った態度というべきか。なので、なめきった感じを装って、意味ありげなことを言ったりするのは嫌い。自戒を込めて言えば、それはなにかに畏怖している。畏怖するのなら、ダサかろうと、真摯に向き合うほかない。また、そんな保険をかけたようなことばで笑えるわけない。では、そうした配慮の欠いた暴言や放言が面白いのか?というとそんなことはない。「さだめじゃ」が暴言でも放言でもないように。

 『Dr.スランプ』なんかもそうだろうか。ちょっと違うか。

 『バッカーノ』のミリアとアイザックはそのようにも見える。

 『キルミーベイベー』とかもそうかもしれない。

 このへんのアニメは再放送とかもうしないのだろうか。

 『銀魂』、『男はつらいよ』の笑いにぼくがどっぷりつかれないのはそういうことかと思う。これらの作品の良さなのだと思うが、根っこにある人情の泣き笑い。これがぼくは苦手。

 それはそれとして、日々の生活でもこういう態度で臨まないとやってられるかとなるので、誰にも気づかれぬようにおバカなことをこっそりとやるようにしよう。この日記もそのようなものではある。

 

 話題は変わる。

 『蒼穹のファフナー』を見ていて思ったのだが、一騎、総士、真矢の関係性は面白い。面白いというか、もしかして、一騎をめぐる三角関係なの?という。1期から見ないとダメっぽい。

 それともう1点。この作品における「死」について、フェストゥムによる同化現象の結果としての消滅とぼくたちが普通考える死のふたつが描き分けられているのかな?と。もし、そうならこの作品からなにが読み取れるのだろう。一騎たちのいう祝福というものは同化現象による消滅を指しているのだろうか?前よりもちゃんと見ているはずなのだけれど、よくわからないが、面白い。いや、命の使われ方としては同じということかも?どちらにも祝福がある?やっぱり、わからない。感想は全部見てから書く予定。

7話の感想はもうすこしちゃんと書こう

 安達が島村をどう思っているのか。

 先日書いたときは、男の子を好きなる予定と書いたが、これは勇み足というか、強引な解釈だった。これは実のところ、不明なのだと思う。ただ、ぼくの密かな願望として、安達のあのためらいは島村がどのタイプの恋愛を志向するひとであるかへの気遣いであって欲しいという思いに尽きる。

 

 今になって「一番」ということばに引っかかっている。

 ぼくは「一番」ということばが好きではない。

 巷で言われる「一番病」とはそれほど関係がないと思う。起源は知らないが、鶴見俊輔三島由紀夫?いずれにせよ、そういう話がしたいわけではない。

 最近ぼくのやっているゲームのシナリオで「一番かわいそう」という表現が出てきた。自分でも、そんな些細なことに目くじら立てるなよとは思う。が、かわいそうに一番も、二番もあるかよって思ってしまうのだ。きっと、それを書いたひとはそんなことは気にして書いたわけではないだろうから、拘泥するぼくのほうがおかしいに違いない。

 ところが、安達と島村のいう「一番」にはそのような感情は持たなかった。それはなぜなのだろう?

 思い当たる節として、ぼくがこのふたりのことを好ましく思うからということはある。自分でも気味が悪いが、これはあるだろうなと。これまでにも散々書いてきたので繰り返さないが、この作品をぼくがすきなのだから、そうなるという話。

 それともうひとつあった。それはぼくがだれかの一番になりたいと思ったことが無かったのかもしれないということ。安達の島村の「一番」になりたいという告白に感動したのかもしれない。なお、なぜぼくがだれかの一番になりたいと思ったことがないのかについては、考えない方針。それをすると幻滅するかもしれないという予感。

 あれ?犬には家人の誰よりも好きなってもらいたいと思っていたかもしれない。実際には確かめたこともないし、確かめようもなかったと思う。

 まあ、自分のことは置いておくとして、島村は実に不思議な存在だと思う。これまでも書いてきた繰り返しなってしまうが、彼女はずいぶんと安達についてあれこれ心を費やし、語っているではないか。しかもそれを彼女に直接伝えるということもしないくせに。それって、以下略。

 

 大真面目ちゃん、年越し勉強に励む

 でも、「テレビでも見てる?」と聞かれちゃうと、うんと答えちゃう。本筋とは関係なさげなこういう細かいところでいい作品だなと思える。勉強しているって告げるのは恥ずかしいことなのだ。羞恥心っていいなと思える。いや、後ろめたさと言い換えてもよいかもしれない。何に対する後ろめたさか?そんなことは分からんが、彼女たちにとっては勉強をすることこそが堕落だからだ。ぼくは価値観をひっくり返して、ことば遊びしているわけではない。また、勉強することの価値を落とそうという意図もない。

『信長の野望』を思い出す

 アメリカ大統領選挙に関心はないけれど、ネット、テレビでそのニュースを見ていて、ふと思い出したのが『信長の野望』だった。小学生のころにそれで遊んでいたのだけれど、ぼくは馬鹿な小学生だったので、面積の狭い国でプレイを始めることは滅多になく、面積の広い越後などで始めた。

 それで思ったのだが、こういうぼくみたいな馬鹿な小学生だったら、トランプさんの圧勝に見えたのだろうと。今の小学生は賢いから、これはつまらない杞憂か、どうかはわからないが、ともかく、全米の地図みると赤のほう多い。さらに細かく、州内の地図で見ていくと、圧倒的に面積だけで見れば、赤だらけで、州内の都市部が青いという現象。

 これを日本のメディアでは「分断」として扱っていたのか。

 現在のアメリカの話としてよく言われることに、アメリカの富の大半をアメリカの中のごくわずかな人びとが独占しているといやつ。大統領選で見れた地図における赤が多い現象はそれの反映なのか?

 アメリカの分断は人種やら宗教やら様々に語られることはあったが、根っこにあるのは経済格差なのか?結局のところ、ぼくにはよくわからない。しかし、もし経済格差が分断を生む主たる要因なのだとしたら、それは政治に解決できることなのだろうか?緩和することはできる?これもよくわからない。

 日本の教育格差についてのニュースを見たときもおもったのだが、こういうことはどうやって解決するの?何をもって解決とするの?という疑問。

 様々な理由で『男はつらいよ』という映画は苦手であり、好きでもあるのだけれど、あの映画おける博の描かれ方。暮らしぶりがだんだんと良くなり、戸建てを持ち、息子を大学に行かせるにいたる。こういう描写にリアリティがなくなると分断が感じられるということなのだろうか。

 よくわからないことは文にするものではないな。今日あらためてそう思った。しかし、経済の格差を埋める有効な手段はないが、全体で豊かになることで格差の生み出す痛みを和らげるという方向性がなんとなくひとのこころに響きそう。でも、それは世界地図で見たら、ということではなく国内単位ということになってしまうのだろうか。

 あるいは、だれかものすごいひとが出てきて、これまでの価値観を破壊して、経済格差を気にするような世界ではなくなるという方法はどうなのだろう。これは実現可能性が低いつまらない妄想であり、きっと危険な方法だ。

 こういう話題を書くのはやはり止めよう。向いていない。

目覚めよ

 封印されし真実(の歴史)がそこにあるのだ。

 

 アメリカ編

 Qアノンの存在を最近知った。

 

 日本編

 war gult information program

 『閉ざされた言語空間』で知った。

 

 韓国編

 戦勝国の一員であるということ

 

 きっとこの他にもぼくがしらないだけで真実の歴史はそこかしこにあるのだろう。

 

 どうして真実を発見してしまうのか?

 なにゆえひとは真実の歴史を必要とするのか?

 様々な疑問は尽きない。

 政治における求心力が必要だから?それはそうなのかもしれないが、きっとそれだけではないはずだ。

 なにかそれ自体に魅力があるのだと思う。

 『進撃の巨人』の総集編を見ていて、そんなことを思った。

 

 でも、目覚めよとかいわれるのは朝だけにして欲しいものだな。実際、そんな起こし方するひとはいるわけはないか。

 

 

7話の感想

 一旦寝たのに、コーヒーを飲みながら、結局、書いている。それくらいに面白かったということだ。

 

 『安達としまむら』7話 感想

 安達の抱える問題の難しさ

 この作品のネットでの評判を散見しながら、薄々感じていたもの。安達に思春期男子を重ねる見方に違和感があった。楽しみ方はひとそれぞれなのでもちろん、文句などない。自分はそのようには見ないという話である。

 安達は島村が異性を好きなる予定の女の子であると思ってそうだ。だからこそ、悩んでいるのではないのか?この種の悩みはやはりちょっとぼくには分からないが、思春期男子の悩みとは違うであろうことは分かる。また、こういう書き方自体、昨今、話題のポリコレに引っかかってしまうのだろうか?読者がいないことをいいことに好き勝手に書くわけにもいかないななどと思い、書いてこなかったが、7話を見て、書くことにした。

 安達の悩む姿に感動してしまったのだと思う。時間にして、どのくらい安達はベッドで懊悩していたのだろう。時計は確か0時36分になっていたはず。電話を切ったのが0時直後なら、30分程度。いや、体感時間としてはどうだったのか。長いのか、短いのか、正直よくわからないが、この作品はこの部分をどう描くのか、とても楽しみな点で、これこそがこの作品のぼくにとっての面白さの核になるなのかもしれないという予感。それでは昨日までぼくが書いてきたことはなんなのか、それは自分でもよくわかっていない。

 ぼくの悪い癖でなんでも比較しまうけれど(優劣の比較ではなく、違いをはっきりさせるための比較)、『ユリ熊嵐』、『やがて君になる』(アニメ1期)ではこのへんのことは扱ってなかったように思う。もちろん、ぼくは全部面白いと思っている。これまた、当たり前のことだが、それぞれの作品の面白さの違いがあるってだけの話だった。

 ともあれこのことで悩む安達を応援したい。

 うーん、でもやっぱりこれを難しい問題として見てしまうこと自体、ぼくにバイアスがかかっているということなのだろうか。よくわからん。

 

 島村の抱える問題の難しさ

 島村はふたりの間の「一番」の意味の違いを気にしているようだ。放送前のCMで使われていた部分だ。そのCMを見て、気になり、見ているのだから、よくできたCMだなと思う。で、その「一番」には今の時点では大きなズレがあるのは確かだが、そのズレの中身を知ったとき、島村はどうするのか?先述したように、安達は島村のことを男の子が好きな女の子と思った上で、告白してくるはずだ。あれ?この先、告白しませんてことはないよね?きっと、告白するはず。なので、その時、島村はどうするのか?気になって、仕方ないから、コーヒーを飲みながら、これを書いてるのだ。

 これはこれで難しい問題には変わりはないけれど、島村の今日の独白を聞くに、このひとはこのひとで別の厄介な問題を抱えていると思った。「灰色」ってのも凄いが、安達がヴァレンタインのチョコ交換に漕ぎつけるために悪戦苦闘している隣で、ふたりの関係にも終わりくるとか独白できるあたり、すごいひとだ。しかし、口元のアップ、灰色の世界に彩りといっているので、その心配は無用なのかもしれない。

 

 第三の女登場

 これで話が動くのだろうか。奉仕部のように学校行事があるわけではなく、部活動もないのでどうするのかと思っていたら、樽見さんが出てきた。

7話の感想は土曜に書くとして

 7話を見た。面白かった。ゴマちゃんみたいなのがいた。それがうれしかった。おなかを押すとキューって鳴くやつではないのだな。

 あとETな描写がなんとなくわかった。これは明日書こう。

 ちょっと書こうかなと思ったけど、眠い、寝る。

知我麻社について、「優等生」であることについて

 知我麻社について

 宇宙人であるらしい。この水色髪の人型のなにかが出てくると頬が緩みかける理由が分かったような気がする。この生き物?は先日書いた共同幻想とは無縁な存在だからなのだろう。だれからも、なにからも期待されることのない自由な存在。人間サイドでそれに近いのは島村の妹だろうか。島村が述懐するように、幼いころはどうしてあんなに無防備で馬鹿でも生きてこられたのか、それはきっとだれかやなにかの期待に応えることなく、いや、そういう期待がこの世の存在することすら知らずに生きることができたからだ。歳を重ねるごとに世の中のあれやら、これやらに苛まれる。だからといって補助輪付きの自転車で街中をかっ飛ばしていたあの頃を思い出すと涙があふれるということはない。

 

 「優等生」であることについて

 安達としまむらが「優等生」の道を歩むことは堕落と書いたわけだが、訂正するという話ではないが、もう少し、丁寧に書けそうだなと思った。

 そもそも、この物語で出てくる「不良」と「優等生」、このふたつのことばについては、個人的な印象で言ってしまえば、一般的な使われ方とは異なる。以前にも書いたが、授業をサボって体育館でピンポンをするふたりは不良には見えなかった。また、授業に出て、英語で島村より点を取るようになり、一緒に勉強しようと提案する安達は優等生には見えない。もっとも、島村の「優等生じゃん」発言自体が実際にそう思っての発言ではなさそうなことは口調から伝わってくる。

 「優等生じゃん」と言われ、すこし恥ずかしそうにするところをとてもぼくは好きなのだ。島村と一緒にいたいという気持ちを悟られたくないと思い、恥ずかしがっていたようにも見えるが、それだけではないとぼくには見えた。優等生ではないかもしれないが、それに似たような行動をとることが恥ずかしい。安達のどこかにこのような思いがあったのではないか、と。これはありがちな優等生を小馬鹿にするような描写とは違う。ちょっと前向きな自分をだれかに指摘されることが恥ずかしいのだ。そこで、ぼくだったら、それを堕落と呼んでくれるひとがいれば、多少は気が楽になるかもしれないと思い、そう書いたのだ。自分の堕落観が変なのだろうけれど、こういうものを堕落と言わず、なにが堕落なんだと思うので仕方ない。さらに言えば、こういう堕落をしないとひとは生きていけないと思う。人並みなフリをしないとやっていけない。それはそれで疲れることに違いはないが。